メイク崩れもなくて安心ナチュラルメイク

シミやそばかすを隠したい、お肌を綺麗に見せたいと思うと、ついついファンデーションをしっかりと塗ってしまいがちになります。
しかし厚塗りになると時間とともに皮脂が目立ってきたらシワにファンデーションが入り込んで目立ってしまう事があり、化粧直しが必要です。
そうならない為に、私は化粧下地とコンシーラーのみでベースを整え、ファンデーションは気になる部分だけになるようにしています。
化粧下地もファンデーションもすべてRMKのものを使用しています。しっかりと伸びが良く、肌の気になる部分をカバーしてくれますが、軽くてナチュラルに仕上がります。
まず化粧下地を顔全体にしっかり塗ります。
下地にも無色のもの、ベージュのものと色々ありますが、おすすめは薄いピンク色です。
頬の赤みや肌のくすみをカバーしてくれる効果があります。化粧下地はケチらずにしっかりと塗ります。
次にコンシーラーで、目のクマや小鼻の脇、目尻の気になるシミの部分をカバーします。ここでは軽く叩き込むように肌に馴染ませます。
部分的にカバーできればオッケーです。
ファンデーションはリキッドタイプを使います。肌への吸着が良いからです。
リキッドを手のひらにとり、指の腹を使ってまず顔の出っ張りにファンデーションをのせます。
頬、額、鼻の頭、顎です。量は気持ち少なめでのせます。
それを指の腹で伸ばして気になる部分をカバーします。
全体にまんべんなくは塗らず、顔の出っ張っている部分にファンデーションをのせるだけで顔色は明るく見えます。

仕上げにパウダーを使い顔全体をおさえます。
これでベースは出来上がりです。
ファンデーションは薄づきですが顔色は良くなり、近くに寄ってみても素肌のようなナチュラルな仕上がりです。
時間が経っても化粧崩れすることなく、化粧直しの必要がなくなります。
ナチュラルなベースメイクが出来たら、ポイントメイクに移ります。
丁寧に仕上げたいのが眉毛です。
眉毛は太さ、色、角度で表情が一気に変わります。
私のこだわりはややブラウンの眉パウダーで太めに柔らかな印象を作ることです。
まず、眉ライナーで眉毛の薄い部分をカバーします。カラーは薄いグレーに近い色がおススメです。眉ライナーにしっかり色がついてしまうと、それで眉毛が濃くなってしまうからです。
うっすらとカバー出来たら、次に眉パウダーをのせていきます。左右のバランスを見ながら、厚塗りにならないように薄くつけて重ねていきます。
これで眉毛も完成です。