ニキビ跡のクレーターを目立ちにくくするメイク

私の普段しているメイク方法は、まず、しっかりとスキンケアで角質を落として保湿をしたあとに行います。
下地をケチらずに全体にしっかりとつけたあと、リキッドファンデーションを顔の中心部分のみにつけていきます。これは、全体にリキッドファンデーションをつけると顔全体が白浮きしてしまうからです。
その後、コンシーラーで目の下のクマの部分や、赤みがあるところなど隠したい部分を消していきます。
その上に今度はパウダーファンデーションをつけていきます。パウダーファンデーションも基本的には顔の中心部分のみにつけて白浮きしないようにしていきます。
その後に化粧下地をハイライトのようにこめかみから目の下まで少量つけていきます。これをすると、肌につや感がでるのでニキビ跡のクレーターに目が行きにくくなります。その後、チークをのせてからシェーディングパウダーを顔の端の方につけて陰影をつけていきます。
あとはポイントメイクをして終了です。

自分がメイクをするうえで気にしていることは、なるべくニキビ跡のクレーターをわかりにくくすることです。
そのため、私が使用しているリキッドファンデーションは、リキッドなのですが顔にのせるとパウダーに変化するものを使用しています。よくあるリキッドファンデーションだとクレーター部分がうまくファンデーションがのらずに逆にその部分を強調してしまう感じになってしまうのです。
パウダーに変化するタイプのファンデーションにしてから、ニキビ跡のクレーターの部分も目立ちにくくなり、良い感じにマットなんですけどパウダーなので表面はさらっとしていて、あまり厚塗り感もなくすごく丁度いい感じに仕上げることができます。どうしても気になる部分なので、隠そう隠そうとしてしまいがちで、厚塗りになることが多く逆に目立ってしまうことが多かったので、これはニキビ跡のクレーターに悩んでいる方にはかなりおススメです。
あとは、そのあとにつけるパウダーファンデーションもパフでつけるのではなく、ハケでつけるようにしています。
パフでつける方が厚塗りに見えやすいからです。ハケでつける方が良い感じに余分な粉を落とせるので丁度良く仕上がります。

私は今使用しているファンデーションを気に入ってからもう10年以上使用しています。それまではマキアージュでそろえていましたが、今はリバイタルグラナスで化粧下地からリキッドファンデーション、パウダーファンデーションもそろえて使用しています。下地も一緒に使用するのが化粧持ちも良くなるのでおススメです。